事例掲載ガイドライン

「事例掲載ガイドライン」(以下、「本ガイドライン」といいます。)には、CS Clip(以下「本サイト」といいます。)において提供される事例掲載機能(以下「本機能」といいます。)において事例を登録いただく際に遵守すべき内容について定められています。本機能でのデータ掲載に当たっては、内容をご理解いただき、同意の上でご利用ください。

第1条(本機能の主旨)

本機能は、IT等に関連するサービスを提供する企業のITサービス提供実績を、今後同様の施策を実施および支援する個人や企業にとって参考となる情報をとして掲載する場となることを目的に運営されています。本機能はIT業界を主たる業務領域とする企業のサービス提供実績を事例掲載対象とするものですので、業務領域に関して当社が事例の対象外と判断した情報は掲載できない場合があります。

第2条(事例データの知的財産権について)

1. 登録ユーザーは、登録ユーザーが本サービスへの掲載データが、第三者の知的財産権(著作権、著作隣接権、意匠権、実用新案権、商標権、特許権、ノウハウが含まれるがこれに限定されない。)、パブリシティ権、プライバシー権その他一切の権利を侵害するものではないことを保証するものとします。
2. 登録ユーザーが本機能において登録した掲載データに関する著作権は、前項の前提のもと、原則として掲載した登録ユーザー(以下、「掲載者」といいます。)に帰属するものとします。 ただし、本機能において登録した掲載データに関して、株式会社アサインナビ(以下「当社」といいます。)および、当社から再利用許諾を受けた第三者に対して、掲載者は無償で非独占的にかつ永続的に、複製、編集、改編、掲載、転載、公衆送信、上映、展示、提供、販売、譲渡、貸与、翻訳、翻案などができる権利および二次的著作物に関する原著作権者の権利(著作権法21条ないし28条の権利をいい、商用利用を含む)を許諾したものとします。掲載者は、本項に基づく当社による著作物の利用について、著作者人格権を行使しないものとします。

第3条(禁止事項)

1. 本機能においては、以下の各号のいずれかに該当する掲載データの登録をしてはなりません。
(1)本機能の主旨に反する表現や内容(掲載した事例に関連したクレームや発生したトラブル、法律および契約違反に関する内容等)
(2)法令に違反する内容、又は違法行為や脱法行為を推奨、助長する表現や内容
(3)当社、本サービスの他の利用者又はその他の第三者に対する脅迫する表現や内容
(4)公序良俗に反する表現や内容
(5)虚偽の内容
(6)掲載内容から対象の個人を特定し得る情報が含まれる内容、および特定の個人のプライベートに関する表現や内容
(7)事例の対象企業に関連する掲載時点で公表されていない機密事項が含まれる表現や内容
(8)当社、本サービスの他の利用者又はその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、信用、その他の権利又は利益を侵害する表現や内容
(9)過度に暴力的又は残虐な表現や内容を含む表現や内容
(10)コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む内容
(11)卑猥な表現や内容
(12)他者を誹謗中傷する表現や内容
(13)差別を助長する表現や内容
(14)自殺、自傷行為を助長する表現や内容
(15)反社会的な表現や内容
(16)他人に不快感を与える表現
(17)当社が事前に許諾していない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、又は営業行為
(18)本サイト利用規約および本サイト上で掲載するルールやガイドに抵触する内容の掲載
(19)その他、当社が不適切と判断する内容

2. 前項に定める禁止事項に抵触するデータの登録を当社が確認した場合、当社は当該情報を削除もしくは非公開にすることができるものとします。また、当社が特に悪質な掲載であると判断した場合、当該データの登録をおこなった登録ユーザーに対し、当社はCS Clip利用規約第7条2項に定める処置をおこなうことができるものとします。
3. 当社は本機能で掲載されている事例について、第1項に定める禁止事項に抵触していないことを保証するものではありません。
4. 本条に基づき当社が行った行為により登録者に生じた損害について、当社は一切の責任を負いません。当社の責めに帰すべき事由がある場合にはこの限りではありません。
2021年7月1日 制定